知床の森を守る活動~冬編~

世界自然遺産の知床にも、開拓者がいたことをご存知ですか?
厳しい自然の中、開拓した跡地を再び自然に戻す活動を、北海道斜里町は行っています。

知床100平方メートル運動です。
運動参加者は森に名前を残すことができます。

森づくりの課題がシカです。

罠による捕獲が行われています。

今回はそんな知床、冬の森を見に行きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です