【ニュース】津別町相生に駅舎カフェ「ホロカ」誕生

北海道津別町相生地区にある道の駅あいおいの奥にある、旧北見相生駅。
昭和60年に廃駅になった駅舎に喫茶店が誕生した。

ここは2016年に駅舎カフェくるみの森としてオープンし、好評を博していたが、業務拡大のためくるみの森が移転。
空き店舗になったところを相生振興公社の依頼を受け、町内の幾島さんが喫茶店として再びオープンさせた。

そのこだわりと思いを聞いた。

★駅舎カフェ ホロカ★
営業時間:10時~17時
定休日:火曜日
ホロカブレンド 350円
水だしコーヒー 350円

映像制作:道東テレビ http://doutou.tv/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です