【特派員ニュース】白熱!牧草ロール転がし大会 ~第29回ノンキーランドふるさとまつり~

【特派員ニュース】2018年8月26日。大空町東藻琴地区の夏祭り「第39回ノンキーランドふるさとまつり」が、東藻琴地区「緑とチーズの里ふれあいパーク」で開かれた。
目玉イベント、ロール転がしでは牧草ロールを押す選手に大きな歓声が飛んでいた。
80メートルの直線コースに落差91センチの坂があり、四人一組のチームで、男子は400キロ、女子は300キロの牧草ロールを転がし往復する。
男子20万円、女子10万円の優勝賞金を目指し、タイムを競った。
途中にある急な坂では越えられず悪戦苦闘するチームも。「せーの」と声を掛け合い、歯を食いしばって力を合わせて押す姿に、観客は「行け」「頑張れ」と声援を送っていた。
男子は地元の「炎上」チームが見事に20万円をゲットした。
北見、網走、美幌から40チームが参加。終わった後は野外バーベキューで知床牛を味わった。

美幌町 村上博特派員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です